ピューレパールは陰部に使える?

P

デリケートゾーンの陰部(Iライン、Vライン)の黒ずみに悩む女性は非常に多いです。

 

この部分は皮膚が薄いためメラニンが生成されやすく、かつ常に下着が擦れる場所なので体全体の中でも黒ずみができやすい場所です。

 

この部位の黒ずみを綺麗にできないかと悩む女性がたどり着く商品がピューレパールですが、購入の前に気をつけてもらいたいことがあります。

 

陰部の黒ずみはピューレパールがベスト?

P

ピューレパールは黒ずみケア商品としてとても人気があり、体の全体に使用することができます。

 

もちろん陰部に使ってもOK!

 

有効成分グリチルリチン酸2Kと4種の美白成分がメラニンの生成を抑制し、黒ずみに効果をもたらします。

 

アットコスメでの口コミ等も上場で数ヶ月で黒ずみが治ってきた!と口コミする女性も多く、万が一肌に合わない場合は返金保証制度を設けているので安心です。

 

ですが、ピューレパールは容量が少ないのがデメリットです。陰部やデリケートゾーンは脇よりも塗る部分が広範囲になるので、陰部にも使用するとすぐになくなってしまう残念な点があるんです。

 

ただ、気をつけて欲しいというのは、もし「陰部だけ」の黒ずみを治したいのであれば同じデリケートゾーンに特化したトラネキサム酸グリチルリチン酸2Kメラニンを分解・生成を抑える植物エキスが配合されたイビサクリームがより効果的でお得という点です。

 

P

イビサクリームは「陰部(デリケートゾーン)専用」として、VIO脱毛サロンから誕生した脱毛後の黒ずみ等にも使われている美白ケア商品です。

 

 

ピューレパールとの比較

P

P

ケア主要部位

デリケートゾーン

ワキ

内容量

35g(1ヶ月分)

30g(1ヶ月分)

価格

4,828円

※カード支払い時

5,130円

継続回数

2回

3回

返金保証期間

60日

60日

※税込金額

 

この二つを比較するとそれぞれ異なる点がいくつもあることがわかります。

 

継続回数の違い

P

まず定期購入の継続回数の違いですが、ピューレパールは3回、イビサクリームは2回の継続がお約束になっています。

 

肌のターンオーバーを考えた時、1ヶ月で効果がわかりにくいですが、2ヶ月目でまだ必要か、もう自分なりに満足する色になったか人によって個人差がでる頃です。

 

この時に継続しなければいけないのと自分で継続するかどうかを決められるのは大きな違いです。

 

肌の状態をみながら3回目の購入を考えたい!という女性はイビサクリーム派です。

 

容量の違い

P

容量はピューレパールは1ヶ月30gで、イビサクリームは1本35mlと少しイビサクリームのほうが多めに成分が配合されています。

 

ピューレパールは全身に使用できる美白クリームですが、全身に使うとすぐになくなってしまうのが難点です。

 

一方、イビサクリームは基本的にはデリケートゾーン用で、当然他の部位にも使用することができます。

 

ワキやデリケートゾーン以外にも体のいろんな部位の黒ずみが気になるという場合はちょっとでも多いイビサクリームのほうが安全です。

 

支払い金額の違い

P

イビサクリームは初回購入時、クレジットカードを使用した場合は4,828円(税込)と、初回購入金額が5,130円(税込)のピューレパールよりも数百円お得に購入できます。

 

1ヶ月あたり数百円ですが、継続回数の違いからトータルの合計金額は大きく開きがあります。

 

お得に美白クリームを購入したい!という女性もイビサクリーム派と言えそうです。

 

P

この二つの美白クリームを比較すると、様々な点でイビサクリームのほうがメリットに働く点があることに気づきます。

 

知名度はピューレパールのほうがありますが、イビサクリームも今黒ずみケア化粧品として話題を集めています。

 

もし体のいろいろな場所の黒ずみに悩んでいる場合はこういった点を検討して購入されるといいと思います。

 

 

 

↓↓イビサクリームの購入はこちら↓↓

【イビサクリーム】

 

 

↓↓ピューレパールの購入はこちら↓↓

【ピューレパール

 

 

イビサクリームの効果は?

P

イビサクリームはピューレパールには配合されていないトラネキサム酸が「美白有効成分」として配合され、メラニンの生成を抑制し、シミが新たにできる過程をブロックします。

 

陰部は他の部位と比べ、常に下着との摩擦が発生する場所なので特にメラニン生成を抑制する作用が重要になります。どれだけメラニンを分解しても、新たにできてしまってはエンドレスになってしまい、黒ずみがなくなりにくいです

 

また、肌を美白にしたい!と思った時使われる美白成分の代表として

ビタミンC誘導体

トラネキサム酸

ハイドロキノン

 

が有効成分として使われていることが多いです。

 

しかしビタミンC誘導体は効果を実感するまでが非常に長く、ハイドロキノンは皮膚がかぶれる、部分的に変な白さが残るといった副作用が報告されています。

 

つまり、この中で「安全」で「効果を実感しやすい」のがトラネキサム酸なんです。

 

トラネキサム酸は高級美白化粧品にも配合されている美白成分で、イビサクリームと同程度のg数の商品では1万近くするものもあります。

 

P

また同じ美白クリームとして着目されているヴィエルホワイトも1ヶ月5,378円、2回目が6,000円以上とイビサクリームと比較すると高額です。

 

もともとイビサクリームは陰部の脱毛後の黒ずみに悩んでいる女性たちのために「サロンが開発した美白クリーム」。脱毛に来てもらうのが本業なので、クリームで利益を得る必要もなく安値で提供していたんですね。

 

なので他の商品と比べてもお手頃価格で購入できるのは私たちにとっても嬉しいサービス!

 

つまり、イビサクリームはコスパがよく、かつ黒ずみケア商品としてバランスがとれている安全なクリーム
と言えるんです。

 

P

陰部の黒ずみをどうにかしたい場合⇒イビサクリーム

ついでに陰部の黒ずみも消したい場合⇒ピューレパール

 

が向いていると言えますよ。

 

もちろんイビサクリームはデリケートゾーン以外にも使用することができます。脇や乳首、膝やくるぶしにもOKです。

 

この二つはどちらも似ていますが、それぞれ特化した部分の美白用に作られているので自分が最も黒ずみケアしたい場所で選んでみると失敗がありません。

 

 

↓↓イビサクリームの購入はこちら↓↓

【イビサクリーム】

 

 

ピューレパールとイビサクリームはどちらが効果的?

P

ピューレパールとイビサクリームはどちらも黒ずみケアとして人気が高い美白クリーム。

 

じゃあこの二つ、どっちが効果が高いの?と気になりますよね。

 

私も黒ずみが気になる部位が体にあちこちになるのでよくこの二つを使っています。

 

P

 

私が使ってみた結果としては、潤い保湿はピューレパールのほうがあると感じています。

 

ピューレパールはシミやそばかす、あせも、ニキビにもいいのでたまに顔にも使っているんです。

 

顔に出来ていたちょっとしたシミをピューレパールを毎日塗っていたら2ヶ月経過した頃にはだいぶ薄くなりました。

 

P

 

使い続けていれば確実に黒ずみが明るくなっていく。そんなイメージです。

 

一方、イビサクリームのメリットはピューレパールよりもやや安く購入できること、デリケートゾーンの黒ずみなら安心して塗れることです。

 

イビサクリームはデリケートゾーン用に作られているので、陰部に合わせた成分が配合されています。より肌に優しいんですよね。

 

なので、陰部に塗る時の安心感はピューレパールとは比べ物になりません。実際、陰部の黒ずみに関しては3ヶ月程度で薄くなってきました。

 

肌のターンオーバーには個人差があるのでどの程度で薄くなる!とは決まってませんが、私はアラサーでおおよそ薄くなるまで3ヶ月でした。

 

P

この二つどちらも使った感想としては、どちらも黒ずみ対策に有効な医薬部外品として販売されていてさらに返金保証制度がついているのでどちらも購入して損がない商品です。

 

ただ、黒ずみケアは部位にあったケアが大切と言われているので、ワキや顔などの部位の黒ずみ、シミ、そばかすをケアしたければピューレパール。

 

陰部などデリケートゾーンのケアを集中的にしたければイビサクリームがオススメです。

 

この二つ、効果はどちらも実証済みなので黒ずみを薄くしたい部位によって使い分ければ失敗がないと思います。

 

 

↓↓ピューレパールの購入はこちら↓↓

【ピューレパール

 

↓↓イビサクリームの購入はこちら↓↓

【イビサクリーム】

ピューレパールの魅力はなんといっても美白効果です。ピューレパールはワキだけではなくデリケートゾーンにもピューレパールの成分が行き届いて気になる黒ずみをケアします。ピューレパールは美白ジェルの中で最も人気が高く口コミも高評価です。ピューレパールとイビサを比較するとやはりピューレパールのほうが美白と言われています。ピューレパールを手に入れれば黒ずみケアは間違いないと言えそうです。

更新履歴